10万kmを超えた車でも高値で取引されている。

先日、知り合いの車屋さんにお邪魔したところ、トヨタのハイエースがズラリと並んでいた。

どうした!ハイエース専門店でも始めるのか?

いやいや、オークションで探してきて欲しいお客さんや、ハイエース置いていますか?って問い合わせが結構来てて、思い切って仕入れたわけ、年式にもよるけど、ハイエース全然値段が落ちなくて、やっと仕入れてきたんだよ!

少しだけハイエースの取引価格を見せてもらいました。

平成15年式、17万kmのハイエースでも30ー50万くらいで取引されている。

こんなに走ってる車を買う人いるんだと思いましたが、20万km走ってても全然買ってくれるらしいです。

ハイエースは日本だけではなく、海外でもかなり人気のある車だということがわかりました。

日本の市場だけでなく、海外のバイヤーも日本のハイエースを狙っているから価格が下がりにくいし、ハイエースは丈夫というのも価格が下がらない理由の一つだそうです。

また、以前も書きましたが、日本人は車を大切にする人が多いのですし、車検もあって整備しっかりとしてくれる。

海外の場合は車検のようなものは一応あるようですが、簡単なチェック程度、価格も日本円で数千円程度らしいです。

日本は車検に数万円ー数十万円かかります。。。

なんで車の検査をするだけなのに数十万円も払わなきゃいけないんですかね!

流石、税金大国、ニッポン!ですね。

車を売る時のコツ

こんちゃー

高崎に住む、かーきち男子のカズキです。群馬といえば車が多いことで有名ですが、それもあってか小さいころから車が好きで大人になっても車の情報には敏感なんんですよね。

そんなことで、このブログでは、読者の皆さんに車に関するお得な情報を配信していければと思っています。今回のお得な情報はというと、ずばり「車を売るときのコツ」です。

車を持っている人が、直面するのが買い換えのタイミングです。最近の傾向をみると、乗り潰すという感覚で車を乗られている方も少なくないですよね。

街を見ていても、傷もなく新しい車がけっこう走っていますし、ここまで綺麗に車を乗ってるのも日本人だからこそかもしれません。実際に僕も三年に一度の車検タイミングで乗り換えています。

短いスパンで乗り換えることで、高額な買取価格を手にすることができるのは一番のメリットとも言えますからね。高く売るためには、ポイントがいくつかある気がします。ここでは、私が考えるポイントを何点かあげさせていただきますね。

まずは、誰でも思いつくと思いますがやはり、外装の状態ですね。見た目はやはりとても大事です。きっと査定前に洗車するだけで買取価格は変わると思うんですよね。査定する側も人ですし、少しでもいい状態で査定をすることは重要ですからね。

続いて、走行距離です。こちらも大事になってきます。やはり綺麗で、走行距離が少ない車に乗りたい。なんとなくですが、一段階として1万キロ以内、そして二段階として3万キロ以内そして三段階として五万キロ以内か以上かといった評価をされてる気がします。

さらに事故車かどうかというのも重要な評価ポイントと言えるでしょう。高く売るためにはまだまだポイントはあります。人気車かどうかということ。需要のない高価な車を持っていてもやはり売る時には価値はつかないですからね。

最近ではsuvは人気車と言えるのではないでしょうか。そして色も重要なポイントのひとつですね。定番の白や黒といった色は値崩れせず売ることができると思います。高額な車は手を出しづらいですが、高値で売れることも多いのが実情だと感じますね。