高崎市の車買取業者探し

友達が車を買い替えたいらしいので、最近見つけた面白いサイトを紹介しました。

これ!

車買取 高崎市

自分の場合は知り合いの車屋にちょっと色を付けて買取ってもらっていますが、友達の友達まではダメと言われているので、このサイトを紹介したのですが、高崎市の車買取業者がどさーっとまとめられています。

よくこんなにまとめましたね。

家の近所に車買取業者があるのであれば、一度車を持っていって見るのもよさそうですが、ネット上の一括査定サービスを利用するのもよさそうです。

複数の買取業者が価格を提示してくれるので、一番高値のところを選ぶだけで済みそうです。

車を売る側からしたらかなりよいサービスだと思います。逆に買取業者側にはきつそうですね・・・・。

買取業者によって付けられる値段が実際違うようなので、温かい目で見てあげないとです。売る側にも得意不得意があって、得意であれば他より高値で買い取れますが、不得意な車は怖くて高値を付けられないそうです。(車やの友達いわく)

あとは、間違ってもディーラーの下取りなんかに出したらダメですよ。ディーラーは新車を売るお店であって、中古車を買取って売ることを商売にしているところではありません。

二束三文の下取り額を付けられて、そのまま中古車買取業者に流れていくだけです。ご注意を!!

 

そうそう、昨日オープンしたばかりの「UNOイタリアーノ」に行ってきました。

ディナーは結構値がはりますが、うまかったです!生パスタですね。

”食感にこだわり熟成時間と温度を調整した新製法の「エイジングパスタ」”ってものらしくて、細かいことはよくわからないけど、うまいもんはうまいです。

高手前の右手にありますよ。「群馬県 高崎市 檜物町 54-2」 で調べたほうが早いかな。

一度は行ってみたほうがよいですよ。

閑話休題:車の小ネタ

先日友達が運転する車に乗っていて、ガソリンスタンドに行くことになりました。新車だったのでまだその車に慣れていないようで、「あれ?給油口どっちだっけ?」なんて言うわけです。

いやいやいや、書いてあるじゃん!と。ガソリンメーターの所に三角印がついてますよね。そしたら、そいつはそのことをこれまで知らなかったらしいのですよ。マジか?!

他にも小ネタがいくつかあるので、参考に上げておきますね。

1.暖房はあまりガソリンを喰いません。元々エンジンが熱を発するので、それを利用すればわざわざガソリンを使うこともないのです。逆に冷房はガソリンを喰ってしまいますのでご注意!

2.初年度登録から13年が経つと、自動車税が高くなります。古い車は燃費も悪かったり環境に優しくないので、税金をアップしちゃうぞというものです。2017年現在、その税額はだいたい15%アップです。しかも、重量税も上がるんですね。何も重量あがってないよ・・・・。エコカー以外だと倍以上にもなってしまいます。ここでも流石、税金大国、ニッポン!ですね。

3.高速道路を走るとき、バスの後ろを走ると大分燃費がよくなります。大型車の後ろは直接風が当たらないので想像以上に燃費がよいのです。しかも、バスは捕まらない限度内でなるべく効率よい速度で走ろうとするので、それに着いていけばちょうど良い速度で走れます。

4.真夏のお天道様の下に車を停めておくと、たったの15分くらいで、危険なレベルにまで車内温度が上昇し、熱中症になり得る。ちょっとお買い物なんて言って小さい子を車に残してはダメです!実際に自分で試してみたらいいです。5分でもやばいです・・・。

知っているようで知らないことも意外とあるものなので、ご注意下さい!

10万kmを超えた車でも高値で取引されている。

先日、知り合いの車屋さんにお邪魔したところ、トヨタのハイエースがズラリと並んでいた。

どうした!ハイエース専門店でも始めるのか?

いやいや、オークションで探してきて欲しいお客さんや、ハイエース置いていますか?って問い合わせが結構来てて、思い切って仕入れたわけ、年式にもよるけど、ハイエース全然値段が落ちなくて、やっと仕入れてきたんだよ!

少しだけハイエースの取引価格を見せてもらいました。

平成15年式、17万kmのハイエースでも30ー50万くらいで取引されている。

こんなに走ってる車を買う人いるんだと思いましたが、20万km走ってても全然買ってくれるらしいです。

ハイエースは日本だけではなく、海外でもかなり人気のある車だということがわかりました。

日本の市場だけでなく、海外のバイヤーも日本のハイエースを狙っているから価格が下がりにくいし、ハイエースは丈夫というのも価格が下がらない理由の一つだそうです。

また、以前も書きましたが、日本人は車を大切にする人が多いのですし、車検もあって整備しっかりとしてくれる。

海外の場合は車検のようなものは一応あるようですが、簡単なチェック程度、価格も日本円で数千円程度らしいです。

日本は車検に数万円ー数十万円かかります。。。

なんで車の検査をするだけなのに数十万円も払わなきゃいけないんですかね!

流石、税金大国、ニッポン!ですね。

車を売る時のコツ

こんちゃー

高崎に住む、かーきち男子のカズキです。群馬といえば車が多いことで有名ですが、それもあってか小さいころから車が好きで大人になっても車の情報には敏感なんんですよね。

そんなことで、このブログでは、読者の皆さんに車に関するお得な情報を配信していければと思っています。今回のお得な情報はというと、ずばり「車を売るときのコツ」です。

車を持っている人が、直面するのが買い換えのタイミングです。最近の傾向をみると、乗り潰すという感覚で車を乗られている方も少なくないですよね。

街を見ていても、傷もなく新しい車がけっこう走っていますし、ここまで綺麗に車を乗ってるのも日本人だからこそかもしれません。実際に僕も三年に一度の車検タイミングで乗り換えています。

短いスパンで乗り換えることで、高額な買取価格を手にすることができるのは一番のメリットとも言えますからね。高く売るためには、ポイントがいくつかある気がします。ここでは、私が考えるポイントを何点かあげさせていただきますね。

まずは、誰でも思いつくと思いますがやはり、外装の状態ですね。見た目はやはりとても大事です。きっと査定前に洗車するだけで買取価格は変わると思うんですよね。査定する側も人ですし、少しでもいい状態で査定をすることは重要ですからね。

続いて、走行距離です。こちらも大事になってきます。やはり綺麗で、走行距離が少ない車に乗りたい。なんとなくですが、一段階として1万キロ以内、そして二段階として3万キロ以内そして三段階として五万キロ以内か以上かといった評価をされてる気がします。

さらに事故車かどうかというのも重要な評価ポイントと言えるでしょう。高く売るためにはまだまだポイントはあります。人気車かどうかということ。需要のない高価な車を持っていてもやはり売る時には価値はつかないですからね。

最近ではsuvは人気車と言えるのではないでしょうか。そして色も重要なポイントのひとつですね。定番の白や黒といった色は値崩れせず売ることができると思います。高額な車は手を出しづらいですが、高値で売れることも多いのが実情だと感じますね。